政府 • 警察 • 検察
Home > 導入実例分析 > 政府 • 警察 • 検察 > ジャスミン革命の機会..
ジャスミン革命の機会を生かし台湾ICT産業のビジネスチャンスを発展させます
2011年1月14日、チュニジアの民主化運動であるジャスミン革命は、23年間独裁体制を続けたベンアリ大統領を辞任に追いやった(ジャスミンはチュニジアの国花)。その成功はエジプトに飛び火し、2月11日、わずか18日間で30年間近く続いたムバラク独裁体制を打倒に追いやっている。歓喜に沸く民衆の熱気は、中東イスラム圏の独裁国家へ次々と伝播し、民主化のうねりは留まるところを知らない。

注目すべきはそれを可能にしたのが武器ではなく、ネットパワーであったということだ。

中東のジャスミン革命が始まると、ある中東政府は緊急会議を重ね、ネット検閲の管理強化を指示した。そして、台湾のDecision Groupから数十台の『E-Detective』 を仕入れ、関連教育の訓練も受けた。

中東政府からネットワークを管理・監査の設備を運用し、専門のインターネット観察システムを創立、民衆を正しい情報に導くことを望んで、望ましくない大衆運動を制止します。数年来、Decision Groupはネットワーク フォレンジックの最先端技術を研究開発、コンサルタント、実務、政府への人員をサービスを育成訓練しまた、共同開発契約を結んで実績を上げてきました。そして中東の国家政府には何度も協力しました。

この実績を広げて企業の科学技術の発展はもちろん、双方の国家政経交流を促進して、台湾と中東国家の両国間政府の科学的なフォレンジック技術協力に役立てると信じております。