事業内容
Home > About Us > 事業内容    
台湾の「Decision Group Inc. 会社」は1985年2月に設立され、従業員42名である、設立当初はパソコンのPC基盤及び、組み立ての委託生産からスタートした。その後技術レベルの高いRS-232/422/485通信インターフェイス・カードおよび、Date Acquisitionカードをメインとし他のカードウェアメーカーより優れたドライバープログラムやアプリケーションソフトウエアを自ら開発してきた。2000年より最優先的な技術である情報安全。デジタル機器(Digital Forensics)の製品開発にも取り組み、市場へ投入した。さらに台湾のコンピューター鑑識による標準作業手順所の製作にも参加し、自社で開発したE-Detectiveネットワーク情報安全の内容鑑識に関する製品は、台湾の警察局(刑事部や調査部)や国内外の機密機関、または金融機関、証券取引所や大手企業に採用され、国家安全や国家的セキュリティ分野で大きな貢献をはたしてきた。新製品であるWireless Detectiveの無線ネットワーク鑑識や防衛シリーズ製品は、現在、世界的に見ても最先端技術を応用した無線ネツトワーク鑑識やセキュリティの製品である。組み込みシステムアプリケーションの指標とされており、その他にもさまざまな組み込みシステムをプラッットホームとするデジタル鑑識製品を開発し、リリースする予定である。

事業名:
  • ネットワークフォレンジックの技術マーケティングとサービス事業
  • コアバリューはネットワークパケットReal-Timeのキャプチャ、解析とリコンストラクション、分析の技術